ペット保険情報サイト「ペットの病気に備える保険」

ペットブーム

近年はペットブームという事もあり、何かしらのペットを飼っている家庭なり個人が多くなりました。ペットと言うと、犬や猫、鳥やウサギなどを思い浮かべがちですが、最近は、カメやヘビ、トカゲなど一昔は考えられなかった生き物もペットとして扱われるようになりました。
様々なペットが飼育されているとは言え、犬や猫、鳥、うさぎがペットの中心であることは紛れもない事実です。休日にホームセンターに併設しているペットコーナーは、子供連れの家族やカップルで賑わっています。

ペットを飼育していると心配になるのが「ペットの病気や怪我」です。大手ペットフード会社が実施したアンケートでも、病気や怪我と答える人が近年多くなっています。これは、ペットに対する愛情の現れとも言っても過言ではないでしょう。犬に例えて言えば、昔の飼い犬は番犬という意識でした。庭先に鎖でつながれ、餌は残飯といった飼育環境でした。それが、時代の流れと共に飼育環境が変わり、家の中で飼うことが多くなりました。飼育環境の変化と共に、ペットに対する意識も大きく変わってきて、今ではペットは「家族に一員」という意識が大半を占めています。

ペットは家族の一員

ペット保険ペットは生き物です。私達が病気や怪我をする様に、ペットも生きている以上は、病気や怪我をする可能性はあります。勿論、その場合は家族同様に病院に行って治療をしなければなりません。ペットを飼う以上は、病気も怪我は避けられない事を理解しておかなければなりません。
私たち人間は、病気や怪我の治療には公的保険制度がありますので、医療費については一定の割合のみを支払えば済みます。しかし、ペットの医療費に関しては公的な医療制度が無い為に、医療費は全額自己負担となります。
例えば小型犬が骨折して病院で治療した場合、最低でも5万円前後はかかると言われています。ペットに関わる治療費は私たちに比べると費用がかかるという事を認識しておかなければなりません。

実際に、「治療費が高いから満足行く治療を受けさせることが出来ない」という声も聞きます。これは、家族に一員として、とても可哀想な事です。
ペットを飼うという事は、同時に「ペットの病気に備える」ということも準備しておく事が大切になります。その方法として、近年は「ペット保険」が注目されています。ペット保険とはどんな保険?など、このサイトではペット保険について分かりやすく説明していますので、是非、家族に一員の病気に備えて参考にして下さい。